木の飾り

月と岩山と幻

「発明家」のこと、どう感じる?「幻」とは、常識的にはどう思われているんだろう。べつに考察するってことも無いよ。

木の飾り

悲しそうに口笛を吹く姉妹と擦り切れたミサンガ

憧れの寒い国、ロシアに、一回は行けたらいいなという夢がある。
英語に行き詰った時、ロシア語の基礎をかじってみようかと思ったことがある。
だがしかし、立ち読みしたロシア語基礎のテキストだけで一瞬にして英語にもどった。
動詞の活用が半端じゃないくらい多かったのと、私にはできない巻き舌が多数。
ツアー客としてズブロッカとオリビエを堪能しにいけたらいいなと思う。

雲の無い金曜の朝は窓から
ある寒い日、少年はママからおつかいをおねがいされ、ハクサイとねぎと豚肉を買いにいく途中だった。
少年は喜んだ。
夕飯はしゃぶしゃぶだ!やったぁ!…と。
しかし、問題はその時起きた。
なんと、ズボンのポッケに入れていたはずのお使い用の2千円が、無くなっているのだ!
少年はスーパーのレジの行列に並ぶ前に、大丈夫だよね、とポッケの中に手を突っ込んで確認してみたのだ。
そしてその瞬間、お金が無い事に気付いたのである。
怒られるのを承知で、少年は手ぶらで家に帰ることにした。
次から、お金は靴の中か靴下の中に入れとこう。
少年はこめかみを押さえながら、そう心に決めた。

凍えそうな水曜の夕暮れは椅子に座る

アンパンマンは、子供に人気の番組なのに、しかしたいそう暴力的だと見える。
話のラストは、アンパンチといってばいきんまんをぶん殴って話を終わりにすることがとっても多いように見える。
こどもたちにもめっちゃ悪い影響だと思える。
ばいきんまんとどきんちゃん達が、そんなに悪いことをしていない話の時でも殴って話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとどきんちゃん達を目撃したら、やめろと怒鳴りながらもうこぶしを突き出している。
話を聞くわけでもない。
話をするわけでもない。
ただ、暴力で解決するからいつになっても変わらず改心せず、毎回同じだ。
思うのだけれど原作は暴力的でないかもしれないけれど、テレビ向きにするためにそんなふうになっているのだろう。

寒い週末の午前にお酒を
「今日の夕飯はカレーよ。」
少年は母親が言った今のセリフを耳にして、無意識にニッコリ笑った。
少年は小学校から帰宅して、居間でテレビを見ていたところだった。
今日は西日が強い。
窓際では風鈴が風に吹かれてチリリンと音を立てていた。
TVでは、昔の懐かしいアニメを放映していた。
今日の放送は「一休さん」をやっていた。
こんなにも頭が良い坊主がいたら、テストなんてちょちょいのちょいなんだろうな、と少年は考えていた。
しかし、台所からカレーの匂いが居間まで漂ってきた時、少年はアニメのことは考えてはいなかった。

汗をたらして泳ぐ家族と濡れたTシャツ

アパレル店員さんって大変・・・と考えるのは自分だけだろうか。
毎日、徹底的に着飾らないと店のイメージにつながる。
私なんて、出張で仕事する時はスーツを着ればいいし、化粧もシンプルで良いとされている。
休みの日も、自分でお気に入りの服装を選べばいいし、家で仕事するときはTシャツにジーンズで大丈夫。
だから、おそらく、服を売るなんて商売には、向いていない。
服を選んでいると、店員さんが話しかけてきて服の説明やコーディネイトを語ってくれる。
毎回それに固まってしまい、買わずに逃げ出してしまう。
これも、店員さんって大変と思う大きな理由の一つだ。

ひんやりした祝日の深夜にシャワーを
たばこは身体に一利もない。
と言ったことは、分かっていても購入してしまうものらしい。
社会人になりたての頃、お客さんとして会った食品メーカーの社長である年配の方。
「身体が丈夫なのはたばこと酒の力です」なんてハキハキと話していた。
こんなに聞かされると無理な脱ニコチンは無しでもOKかもしれないと思う。

息もつかさず走る子供と冷めた夕飯

少し前、まだ20歳の時、仲良しの3人で韓国のソウルに旅行に行った。
未経験の韓国旅行で、ホテルにしばらくの宿泊だった。
繁華街をいっぱい歩いて、ワクワクしてたけれど、しだいに道に迷った。
日本語は、当然通じないし、英語も全然通じなかった。
パニックになっていると、韓国人のサラリーマンがレベルの高い日本語で道を話してくれた。
働きはじめる前に日本の大学に来て日本文化の学習をしたとのこと。
おかげさまで、無事、素晴らしい海外の旅をすることが可能になった。
帰る当日、バスで道を案内してくれたその人にまたばったり会った。
「来てくれてありがとう」と言ってくれたので、一同この国が印象的な国になった。
いつも1年に1度は韓国への旅が恒例だ。

怒ってダンスする友達と暑い日差し
漁港の近くに私たち家族は、暮らしているので、津波被害を親が懸念している。
ことのほか3月の大震災後は、家がどのくらい海から隔たっているのかとか逃げる高台はすぐ近くに存在するのかとかもの言う。
私と妻だって不安だけれど、手軽に新しい家も見つかるわけではない。
だけど、しかし、誠に高潮がやってくるとなってしまった際に逃げる通り道を決めていないととそう思う、けれども、海の横しか近くに道がないので、しっかり考えたら危険だと思えた。

じめじめした週末の夜明けは焼酎を

家の前でハンモックに寝転がり、心地よい風に吹かれるのを楽しむ、休日の午後の事。
頭上には美しい夕焼けが広がっていた。少年は、うちのネコが「ニャギャァッ!」と叫ぶ声に驚き、ハンモックからドテッと落ちてしまった。
目を凝らして観察するとうちのネコはヘビと睨み合い、歯をむき出して興奮しながらもすごんでいた。
ヘビはそれほど大きくは無く、毒も持っていないっぽかったので、少年はそばに落ちていた棒で追い返し、ネコを抱いてもう一度ハンモックに横になった。少年は、猫の背中を撫でながらお腹の上で寝かせ、風になぶられる自分の前髪の感触を楽しんだ。

騒がしく泳ぐ彼女と霧
今季は、近くの海に行っていないが、時間があればたいそう行きたい。
まだ、子供が2歳なので、波打ち際で遊ばせる程度だけれども、しかし、想像するけれどおもしろがってくれると思う。
ただし、娘は、オムツを着用しているゆえに、泳いでいる人の事を考えたら海水に入れないのがいいかもしれない。
オムツのプール用もあることはあるが、嫌な人もいて問題になっているらしいので。

お役立ちサイト、関連サイト紹介


引越 安く予約
格安で引っ越ししたい?それなら、ココから料金を見積もり比較して、おすすめの引越し屋で一番安いところを探そう☆
診療所の薬剤師求人
薬剤師に特化した求人サービス、複数あるけどどこがお勧めなの?薬剤師が転職・就職するための求人情報探し、ここで調べてみては?
借金返済の電話相談
借金が返せずに弱っている人、一人で悩んでないで、今すぐ電話で無料相談してはいかがでしょうか?司法書士・弁護士に、借金を返済する手助けをしてもらいましょう。
木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2015 月と岩山と幻 All rights reserved.
木の飾り