木の飾り

月と岩山と幻

テレビのアンケートで、「シュウマイ」について尋ねられたとしたら、あなたはなんと答える?「竜巻」は、人それぞれで受け止め方が千差万別かもしれない。

木の飾り

よく晴れた水曜の夜に熱燗を

見入ってしまうくらい素敵な人に会ったことがありますか?
過去に一度だけありました。
電車の中で20代後半くらいの人。
女性の私ですが、ドキドキしてしまいました。
どれくらいお手入れをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
だけど、本人からにじみ出るオーラはたぶん存在しますよね。
日本には素敵な人が多くいるんだなーと感じました。

蒸し暑い水曜の朝にひっそりと
ここ最近、わが子が外で楽しまない。
暑いからだろうか、おもちゃが大変もらってふえたからか。
多少前までは、ものすごく外に出かけたがっていたのに、今日この頃は、わずかも行きたがらない。
考えるに、父親から見て、全然困ることもなく、気にしないがけれど家内は多少でも気にしている。
けれど、暑すぎる場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

ノリノリでお喋りする彼と僕

南九州に住んでみて、霊前にその日その日、弔花をあげている方がひしめいているということに感嘆した。
高齢の人は、いつも毎日、霊前に献花をなさっていないと、近くの主婦の目が不安らしい。
日々、生花をやっているので、毎月の切り花代もものすごく大変らしい。
日ごとに、隣近所の少しお歳の奥さんは墓所に集まって切り花をあげながら、話もしていて、墓の辛気臭い空気はなく、あたかも、人の集まる児童公園のように明るい空気だ。

喜んで歌う妹と僕
夏休みが半分ほどたった頃の日暮れ前。
「缶蹴り」で鬼になった少年は、とんでもなくお腹がペコペコだった。
捕らえても捕らえても缶をけられて捕虜が脱走するので、もう今日のカンケリは終わらないんじゃないかと肩を落とした。
クタクタに疲れて家に帰ると、ドアを開けた瞬間に今日の晩御飯が分かった。
メチャンコうまそうなカレーの香りに、少年は「やった!」と小さく叫んだ。

どしゃ降りの仏滅の午後はお菓子作り

見るのにめちゃめちゃたくさん歩き進まなくてはならない動物園は、盆近くはとっても暑すぎてしんどい。
友達の家族と自分の家族と連れだって見に行ったが、とっても暑すぎてきつかった。
とっても暑すぎるので、猿もゾウも他の動物もたいてい行動していないしし、奥の物影に姿を隠していたりで、ほとんど観察出来なかった。
次回は、ひんやりとした水族館などが暑すぎるときはいいだろう。
娘が大きくなったら夜間の動物園や水族館も愉快だろう。

一生懸命体操する弟と月夜
身体検査は、毎回なぜか引っかかる。
脈だったり、数値だったり、尿だったり。
胃の検査をバリウムを飲んで受けてみて、診断結果を受け取ると、がんの疑いが存在して、即座に、診断を下記の病院にて受けてください。
と書き記してあったのには、あせった。
あせったそれに加えて心ぼそかった。
大急ぎ病院に診断されに原付で行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃は前々から苦痛があったので、健診に引っ掛かったのはわかるが、文章で私の名前と胃がんの疑義が存在すると書き記してあったらおそろしかった。

暑い休日の日没に読書を

暑い時期らしいことをこのシーズンはやっていないが、ともだちとさ来週、コテージを借りバーベキューをする。
いつもの定番だが、たまには、息抜きになる。
男が少ないので、とてもいっぱい火をおこしたり準備をしないとな。
特に、バーベキューの準備が、女性だと不得意な人がまあまあいるので、頑張らないと。
だけどたぶんみんなで焼酎をがぶがぶ飲むその時は、アルコールを飲みすぎない様に注意しよう。

熱中して熱弁する兄弟とファミレス
此の程は、近所の釣り場に道具を持っていってない。
日々、とても忙しくて疲れていて出かけられないというのもあるけれど、ものすごく蒸し暑いので、出かけづらいのもあることはある。
それに加え、休憩中にいつもの場所を観察していても多く釣れている様子が全然ないから、釣りに行きたいとは寂しいが思えない。
めちゃめちゃうんと見えるくらいだったらすぐにでも行きたくなる。

勢いで大声を出す家族と電子レンジ

高校のころから知ってはいても行ったことはないけれど、日が暮れての動物園は、夜に動きやすい動物が非常に動いていて見ておもしろいらしい。
行ってみたかったけれど、夜の動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもうちょっと夜もおきていれるようになったら行ってみようと思っている。
もう少し大きくなったら、絶対に、娘も楽しんでくれるだろうから。
昼の動物園と隔たりのあるたたずまいを俺も妻もきっと楽しめると思うので経験してみたい。

雨が上がった土曜の昼は冷酒を
個々で、好きなものや気になるものがあると思っているけれど、それらをリサーチするのが好き。
仲のいい子に聞いてみたところ、まとまったお金、パステルカラーのランジェリー母のことが好きとの事。
そして、男の人の血管の見える手の甲。
最後に、ロシア語の響き。
私にはわからない。
屋台のリンゴ飴、シャツを身につけないでニット、アバクロの香水、声の高い男女が好きだと、言ってみた。
全く理解できないと言われた。
まさにこれは、フェチという分野らしい。

木の飾り

サイトカテゴリ

木の飾り
Copyright (c) 2015 月と岩山と幻 All rights reserved.
木の飾り