木の飾り

月と岩山と幻

人生において、「お父さん」の意味合いってなんなんだろう。関係ないって思うだろうか。「カクテル」は、アナタにとって何なんだろう。

木の飾り

じめじめした仏滅の昼は冷酒を

お盆だとしても里方から外れて定住しているとたいして気づくことがないが、せめて、仏壇へのお菓子くらいはと考え里へ買って送った。
家元に住んでいたら、香をつかみ祖霊の歓迎におもむいて、御盆の幕引きにお見送りに行くのだが、外れて定住しているので、そのように行動することもない。
ご近所の人達は、線香を握って墓所に行っている。
そんな姿が見える。
ふだんより墓のあたりには数多くの乗用車が路駐されていて、お参りの人もめっちゃたくさん目にとびこむ。

自信を持って跳ねる兄さんと失くしたストラップ
ここ最近、お腹周りの脂肪を増やさない様にと考え毎晩、筋トレをしている。
自分の娘を自分のお腹にのせて一から声を出し数えながら筋トレをしたら、わが子とのふれあいにもなるし、しゃべりだしの子供も数字を刻まれるし、私の脂肪も少なくなるし、ベストなやり方だとばかり思っていたけれど、はじめのうちは、しっかりしがみつきながら笑っていた小さな娘も退屈なのか、やらなくなってしまった。

悲しそうに踊る父さんと花粉症

time is moneyとは、素晴らしいセンテンスで、ダラダラしていると、実際にすぐ時が無くなる。
もーっと、さらりと仕事も課題も終われば、これ以外の作業に必要な時間を回すのに。
例えば、外に出たり、料理をしたり、英会話テキストを読んでみたり。
そう考えて、ここ最近、テキパキこなそうと努力しているが、何日続くのか。

汗をたらして熱弁する母さんと穴のあいた靴下
先日の朝刊に、日本人女性の眉毛のデザインに関して、興味をそそる事柄が書き留められていた。
真実が分かれば、いきなり色香まで感じてくるので不思議だ。
目にするだけでは、奇抜すぎるように見えるが、江戸の頃は結婚している女性の印だという。
真相を知ると、実に色っぽくも感じてくるので面白い。

無我夢中で自転車をこぐあの人と枯れた森

少年は大変お腹が減っていた。
来週から夏休みという時期、小学校からトボトボと帰っていた。
セミがもう大きな声で鳴いていて、陽の光は強く、夕方なのにいまだ陽は沈みそうになかった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するときも多いが、今日はものすごくお腹が空いていたため、とっとと家に帰って何かを食べたかった。
少年が狙っているのは、昨夜のカレーの残り。
昨夜のカレーは、たしか鍋にかなり残っていたはずだ。
ご飯だっておそらく、余りが冷蔵庫にあったはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、足早に家へ向かった。
すると体中に、汗がいっそう出てきた。

じめじめした大安の早朝に冷酒を
大変甘いお菓子が好みで、ケーキなどを自作します。
普通に自分で一生懸命混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作成していたのだけれども、このごろ、ホームベーカリーで焼いてみた、たいそう手軽でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンを細かくして混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるように心がけている。
砂糖やバターがちょっとでもニンジンや野菜自体の甘さがあるので、笑顔で口にしてくれます。
このごろは、スイーツ男子なんて言葉もメディアで言っているからごくふつうだけれど、高校の頃は、お菓子を自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、そういう男性が増えたねとも言われてそれも寂しい。

どしゃ降りの週末の夕暮れは昔を思い出す

少年は真夜中の三時に起きてしまった。
夏休みが始まって二週間程度過ぎた頃だった。
暑さのあまり深く眠れなかったようだ。
扇風機は部屋の空気を混ぜているだけで、ちっとも涼しくない。

寝れないし、お腹も空いたので、少年はカレーを作る事にした。
冷蔵庫を開いて食材を確認し、野菜と肉を準備して、調理を始めた。
夜が明けるころには、台所からは、芳ばしいカレーのいい匂いが広がっていた。

寒い祝日の夕暮れに冷酒を
娘とのふれあいをすると、ひとり娘はめっちゃなついてくれる。
2歳近くまで、会社の仕事がとってもめまぐるしく、見ることが少なかったため、たまたま抱っこしても近寄ってくれなかった。
父親だけどと痛ましい思いだったが、仕事の業務が多忙だからと見放さずに、しょちゅう、休みの日に散歩に連れていくらようにした、抱っこしても、お風呂でも泣かれないようになった。
今日この頃、仕事で出かけていく時、自分が居なくなることが悲しくて涙を流してくれるのが嬉しい。

雲が多い休日の夕暮れに歩いてみる

嫌われ松子の一生という連ドラが放送されていましたが、好きだった方もいたと思います。
私はというと、連ドラは見なかったけれど、中谷美紀の主演で映画が公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが不運な環境にて生活しながらも、心まで悲観的になりません。
松子以外から見れば、かわいそうかもしれないけれど希望を捨てません。
幸せになることに関して、貪欲なんです。
とても魅力を感じました。
私も幸せになる権利はあるのに、そうなってしまうといけない事のように感じる。
などという、意味の分からない状態に陥っていた悩み多き私は見ている間、明るくなりました。
それくらい、面白い映画なので、見ていただきたいです。
そして、中谷美紀は、先生役でも、中洲のソープ嬢でも、美容師を演じても、何をしても綺麗でした。

夢中で泳ぐ子供と花粉症
出身地が異なると経験が違うのを結婚してからたいそう意識することになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻からある時聞かれ、ミックスジュースを買っていたのかなと思ったら、自宅でも作ることが普通みたいだ。
ミカンやパイナプルとその他もろもろと氷を投げ入れて、ミルクを入れてミキサーで混ぜて完成だ。
作ったものを飲んだのは最初だったが、とてもうまかった。
おいしかったし、はまって、俺もやっている。

木の飾り

サイトカテゴリ

木の飾り
Copyright (c) 2015 月と岩山と幻 All rights reserved.
木の飾り